minamiな日記


ハンドメイドと子育てに夢中な毎日を綴ります…
by minami-handmade

カテゴリ:作り方( 3 )

大人可愛い手作りリボンの作り方

最近髪の毛が伸びてきて扱いに困っています。
(私は美容院がすんごく苦手なんで、いつもぎりぎりまで放ったらかしです(-_-;))

こんな時活躍するのがヘアクリップー。
いつも妹が東京でオサレ~なの買って送ってくれるんだけど、たまには自分で買うの。
でも近く都会に行く予定だから、その場しのぎでこんなのを100円ショップで買いました。

はい、なんの変哲もないヘアクリップ。
もちろん100円也~♪
a0226116_21283035.jpg


で、ちょっとお店で見かけたのをマネして作ってみたかったので、
写真撮りながら頑張りましたー(*´ェ`*)
※同じリボンで、ヘアゴム、ブローチとか使い方は無限大だと思うので、
 興味のある方はどうぞご覧くださいましー。


私の目指したのは↓こんな感じのリボンです。
※楽天さんより画像お借りしています。
a0226116_21304859.jpg


なんとなく、普通のリボンより「大人可愛い」形だよね( ´艸`)



さぁでは、写真付きでいってみましょー!
言っておきますが、説明長いよ~(;´▽`A``
興味のない方はスルーしてくださいね。

※いつも書きますが、作り方はあくまで私個人の超自己流のやり方です。
ずっとハンドメイドしてきている女子ですが、特に専門学校などを卒業したわけではないですので、
何卒ご理解の上、参考にされてくださいませね!



≪リボン付きヘアクリップ作成に必要なもの≫
●クリップ
 (何でも良いと思いますが、グルーガンでリボンを接着しますので、側面がしっかりしているものがおすすめです。)

●グルーガン(今は100円ショップでも売ってます)

●お好みの生地(縦50×横25cmあれば作れます)

あとは針と糸くらい?


50×25cmくらいの布を用意します。
素材は綿麻やオックスなどある程度張りのある生地が作りやすいと思います。
薄い生地を使う場合には接着芯を貼るなど工夫してある程度硬さを出してください。
※ちなみに私は家にあった端切れ(レオパードのコーデュロイ生地使用してます)
a0226116_21343694.jpg


まず50×9cmの棒状の布を2本切り出します(左2本です。右の布は余り分)。
a0226116_213849100.jpg


その2本、中表にして筒状に端から1cmのところを縫います。
わかりやすいように白っぽい糸で縫いました。
a0226116_2140550.jpg


根気よく端からひっくり返していきます。
ひっくり返るとこうなりますー。
アイロンかけて形を整えてください。
※コーデュロイなどのちょっと変わった生地を使うときはアイロンのかけ方注意してくださいね。
(夜撮影の為、画像が暗くてすみません(-_-;))
a0226116_21445929.jpg


ひっくり返した状態で約50×3.5cmです。

まず端から4分の1くらいのところで折ります。
a0226116_21483995.jpg


次に真ん中を合わせるような感じで折ります。
a0226116_21505414.jpg


今度は八の字を描くように下から上へ交差させます。
その後、そのまま後ろでまとめたらOKです。
a0226116_21533712.jpg


※ありとあらゆるパターンで交差させてみましたが、多分これで大丈夫なはず。
  上の見本のような感じにしたい場合はここでリボンの形を整えてみてください。
 

で、結構ポイントなのはここかな。
って大事なポイントのくせにブレているという失態(T_T)
a0226116_2201764.jpg


上下からギュッと押して、真ん中に山ができるように(「W」←脇から見たらこんな形になるように)
押さえます。

作業がし易いように、2本どりの糸で上から下まで貫通させて形を固定しておきましょう。
固定すると手を離しても大丈夫。
a0226116_2223523.jpg


そして、もう一つのひっくり返した布もここまで作りましょう。

真ん中の留めの部分の布を作ります。
10×3cmの布を2枚、余ってる方の布から切り出します。
a0226116_2255428.jpg


左右をパタンパタンと折って、アイロンで形を整えます。
a0226116_22711100.jpg


端っこが後ろになるようにリボンに巻き付けます。(画像リボンの後ろ側です)
※あまりに布が長すぎる場合には切ってもらって大丈夫です。
a0226116_228744.jpg


最後のところは内側に折りこんで仕上げると裏でもきれいです。
a0226116_2295556.jpg


また2本どりの糸でしっかりと縫っておきます。
後ろがこんな感じになります。
a0226116_22104281.jpg


できたリボンはこんな感じ。
これを2つ作ります。
a0226116_22151594.jpg


で、クリップ登場。
クロい普通~のヘアクリップです。
a0226116_22164076.jpg


留めたときに上の部分が見えると統一感がないので、そこをきれいにします。
ひと手間加えて可愛くしましょ。

わかりづらいですが、まず横幅ですが、画像のところの長さを直線で大体測って、
その倍くらいの幅の布+縫い代2cmを用意します。
※私のクリップは4cmくらいだったので、8cm+縫い代2cmで横幅10cm。
a0226116_22243882.jpg


同じように縦の部分も大体倍くらいの長さです。
私の場合は横10cm(上記)×縦10cmでした。

(あーここちょっと説明わかりづらいですね…ごめんなさい)

左右の脇を1cmずつ内側に折りアイロンします。
a0226116_22294941.jpg


一ひねりします。
a0226116_2230480.jpg


そしてもう一ひねり。
なんかリボンっぽくなるね。
a0226116_22321222.jpg


それをこんな風にクリップの上部分に合わせます。
a0226116_22322093.jpg


いよいよ、グルーガンで接着です。
私のは100円ショップで買ったものではないんですが、セリアにグルーガン、100円で売ってます♪
a0226116_22341452.jpg


まず先ほどのクリップの上部分を固定して、その後脇にリボンをつけて行きます。
片方できた図。
a0226116_22342985.jpg


両方つけて~。
上から見たらこんな感じです。
a0226116_223588.jpg


いよいよ!完成だよー(*´ェ`*)
a0226116_223516100.jpg


めっちゃ恥ずかしいですが、一応髪に着けた絵です。
a0226116_2237695.jpg


50cmの長さの布で、リボンにしたら横12cm縦5~6cmのサイズになりました。

旦那さんが帰って来てから

「あれ?新しいの買いに行ったの?」

って作ったものなのに、全然気づいてなかったよ(゚▽゚*)♪ やったー!

この作り方で作ったリボンで子供のもののポイントとかに使えると思うので、
もしよかったら活用してくださいね。
サテンのリボンとか元々リボンのものもこんな風に折ってリボンの形にすると可愛いと思います。
サイズも色々工夫するときっと自分だけのお気に入りができる!
VIVA!ハンドメイド( ´艸`)


あー目がシパシパするっ(-_-;)
頑張ったな…私・笑


 ↓ ↓ ↓ 更新してます  ↓ ↓ ↓



ランキングに参加しています。
ポチッと応援していただけると嬉しいでーす^^♪


[PR]
by minami-handmade | 2012-10-04 22:58 | 作り方

おしりふきケースの作り方

※いつも書きますが、作り方はあくまで私個人の超自己流のやり方です。
ずっとハンドメイドしてきている女子ですが、特に専門学校などを卒業したわけではないですので、
何卒ご理解の上、参考にされてくださいませね!



私の親友といっても過言ではない「おしりふきちゃん・笑」

小さい子がいるウチのママたちは結構みんなそうなんじゃないかな?
元々の用途はもちろん、手が汚れたとき、ご飯食べるとき、いろんな場面で
「おしりふき≒大判ウェットティッシュ」
として大活躍してくれますよね~♪

おしりふきもしまえる一体型のポーチを使っていたけれど、もう2歳ともなれば、
そこまで頻繁にオムツ交換をすることもなくなってきているので、最近はもっぱら単体で持ち歩いています。

うちは特に外でご飯食べるときに、すごく使っています。
外食先とかでもついつい使ってしまうけど、そのままドドーンじゃちょっと周りに配慮が欠けるような気がしてきた今日この頃。←ようやくそういうところに気が付くようになってきた…

パッケージがめっちゃ「おしりふき」って言ってるからね(-_-;)


で、自分用のリュックサックの花柄キルティングの残り生地があったので…。

中途半端な大きさでしょう…。
a0226116_0325566.jpg


そうねーサイズ的には34×22cmだったかな?
本当は型紙を作って作るのがきれいに仕上がります。
が、そんなこと言ってるとせっかくやる気になった人が面倒くさいってなっちゃうと思うので、
こういう簡単なのは直断ち(直接測って布を切ること)でもいいんでない?って個人的には思います。
それから布の縦横も、そんなに気にしなくてエエんでない?
あんまり難しく考えずに作ってみたらいいと思います。

これはたままた残布からこのサイズしか取れなかったので、これで作ってますが、
 もしこれを参考に作られる方がいらっしゃる場合にはお手持ちのおしりふきのパッケージをよく計測して、
 1~2cmだけ大き目に布を断つといいかなと思います。 


キルティング生地を使うと厚みがあるから裏地の心配もせずに1枚で作れると思います。
初心者さんにはおすすめです。
でもキルティングを使うときには布を断ったら、すぐにロックミシンやミシンをかけてくださいね。
生地が重ねてあるので、扱い方や生地の種類によりますが、
断ったところからほつれてくる可能性大です。


チャックを何色にしようかなぁって考えるのが楽しい!
※私みたいにいつもハンドメイドしている人はこんな風に「さて…」と思った時に結構資材が揃ってるよね。
 20cmのチャックって思ってサクッと出してみたらこんだけあったYO! ←どんだけ~笑

a0226116_0402434.jpg


エンジをチョイス♪
※生地の横幅に合わせてチャック選んでくださいね。
 私は横が22cmの生地に対して20cmのチャックを使っています。
a0226116_0415986.jpg


4辺にロックミシン(なければジグザグミシンで十分だと思います)をかけて、もし使いたいタグなんかあれば
この時点でつけちゃいましょう。
a0226116_0423824.jpg


ミシンの押さえを「チャック用」のものに替えて、チャックを縫い付けます。
押さえは大体の家庭用ミシンセットに入っているはず。

こんな風に待ち針じゃなくて手芸用のクリップがとっても便利です。
※私はクライムキさんの「ソーイングクリップ」というのを使っています。
用途によって待ち針と使い分けるととても便利ですよ(^-^)
a0226116_0425454.jpg


縫ったら表からも押さえミシンをかけました。
(好みによってかけなくても良いと思いますが、後から縫うときに邪魔になるかもなので、かけた方がいいかも)
a0226116_0472341.jpg


反対側にもチャックを縫い付けますが、輪っかになっちゃって若干縫いづらいと思います。
ミシンの速度を落としたり、チャックの取っ手部分を移動したりして、頑張って縫い付けてくださいまし。

両方終わるとこうなりますね。
a0226116_0505288.jpg


※ちなみにひっくり返した図。(あくまで撮影用です)
a0226116_051987.jpg


裏側のまま作業は続きますよ~。
おしりふきは70~80枚入りとちょっと厚みがあるので、これにマチをつけたいですね。


ちょっとわかりづらいんだけど、脇のところを2cmずつ内側に折込みます。
a0226116_051499.jpg


違う角度から見るとこうです。左右同じことをします。
a0226116_054724.jpg


ミシンをかけます
って大事なところの写真を撮り忘れてたという…∑(゚Д゚)
急きょ画像追加しました。
↓こういうことです。
a0226116_104998.jpg


私は普通に1度しか縫ってませんが、出し入れに負荷がかかるところなので、心配ならもう1度縫うといいかもね。
もちろん上下そのようにして縫ってください。

そしてひっくり返すと~(^-^)
出来上がり♪
a0226116_122366.jpg


内側に縫いこんだ脇の部分はこんな感じです。
a0226116_124282.jpg


な~んと、手持ちのおしりふきは使いかけしかなく(←いっつもドジ子なのです)
中途半端な画像ですけど、イメージ伝わりましたでしょうか?
a0226116_13085.jpg
a0226116_125549.jpg


これでファミレスのテーブルの上に出しても恥ずかしくないかな・笑
私は子供用のは汚れたらガンガン洗いたい人なので、ラミネート生地とかでなくこういう素材を使うことが多いかも。

ラミネート生地で挑戦される方は、押さえはラミネート用のものでないと生地が上手に縫えなかったり、アイロンがかけづらいですので、初心者さんにはあんまりおすすめしません。


とまぁ…なんとなく、簡単に作れそうだから紹介してみようかなと画像を撮りながら進めてみました。
私は作業自体は思い立ってから多分15分くらいでできました。
(でもブログに作り方UPするのはめっちゃ時間かかる~(T_T))

もし興味のある方がいらっしましたら、参考にして頂けたら嬉しいです♪
あんまりピチピチサイズだとおしりふきを交換するときにきつくてやりづらいと思うので、ほどほどに。


〈おまけ〉

なんともう1枚小さめの生地もあった!
a0226116_1113256.jpg


これはこんなポーチにしてみました。
a0226116_1132029.jpg


並べてみると…。
a0226116_1134575.jpg


これで見事にこちらのキルティングを使い切りました。
最後は本当に本当に数センチの切れっぱししか出なかったよ。
なんか達成感あるわー(^O^)


以上、「簡単に作れるおしりふきケースの作り方」の紹介でした。
チャンチャン♪
[PR]
by minami-handmade | 2012-09-20 01:27 | 作り方

大判ハンカチ DE 簡単ネッククーラーの作り方

今日はハンドメイドがそんなに得意じゃなくても作れる子供用ネッククーラーの作り方を
紹介してみようかなと思います(^-^)


毎日猛暑が続き、2歳児と外遊びをしていますが、
私自身大変ネッククーラーにお世話になっています。
(このレシピは布のサイズを変更したら大人用も作れます♪)
息子にもネッククーラーを!と思っていましたが、
もし買って「しなーい(>_<)」なんてことになったら(2歳児はこういうこといっぱいありますよね・笑)
嫌だなぁ~と思って自宅にある布で作ってみたのです。


説明下手かもしれませんが、画像撮りながらやってみたのでもし宜しければ参考にされて下さい。

※これはあくまでも私が個人的に作ってみたネッククーラーの作り方です。
 私はプロでもなんでもありません。 ただのハンドメイド好きな女子です・笑
 ご自宅でハンドメイドを楽しんで頂けたらいいな~と思ってレシピを公開しているまでですので、
 ご理解のほどよろしくお願いしますね


私は自宅にある普通の保冷剤(お菓子などを買ったときに入ってくるサイズのもの)を
使いたかったので、そのサイズで作っています。
ご自宅にある保冷剤のサイズを計ってサイズを調整しながら作って下さい。
作り方は一緒で大丈夫だと思います。

↓よくケーキなどに入ってる保冷剤たち。
 ウチには下段の7cm×8.5cmのサイズの保冷材がたくさんあります(^_^;)
a0226116_17254710.jpg


≪準備する材料≫
・50cm角の綿の布(ガーゼ生地とか薄めの綿の素材が適していると思います)
 ※または大判サイズのハンカチ・バンダナがあればそれでOKです。
  ★端の処理もしなくていいのでオススメ★

・必要に応じて、タグやマジックテープ、ホックなど


ではでは作ってみまーす♪

①布を50cm×50cmに裁断します。
 ※大判サイズのハンカチがある方はそれをそのまま使っても!
 (型紙を作ってやった方が正確に綺麗にできますが、自宅用なら直裁ち(布を計って直接裁断)でも
  いいと思います)
  ※私は家にあったWガーゼの生地を使用しています。
a0226116_1792730.jpg



②4辺の処理をします。
  ※ロックミシンのある方はロックミシンでガーッとかけてもいいですし、ジグザグミシンでもOK♪
  ハンカチの際のように三つ折りで処理した方が綺麗に仕上がると思います。
   私は暑すぎてアイロン出すのが嫌だったので、ロックミシンにしちゃいました(-_-;)
a0226116_17123974.jpg


◎拡大図
a0226116_17145615.jpg



③三角に半分に折り、中心に印を付けます。(わかりやすいように青い線を引きました)
 ※何気にこの折り方ミソです・笑
 上の半分をまた半分に折って線を引きます。(2番目の線)
 今引いた2本の線を合わせてまた半分の所に線を引きます。(3番目の線)
 これで3本の線が引けました。  
a0226116_1815119.jpg



④上から2番目の線に下の角を合わせて折ります。
a0226116_18155173.jpg


⑤上の布を、1番目の線が折り目になるように折ります。
a0226116_17213178.jpg


◎折ったところ。
a0226116_1724773.jpg


⑥上の三角部分を約半分に折ります。
  (うちの保冷剤のサイズはここでちょっと三角の先が出るくらいがちょうど良かったです。)
a0226116_17243835.jpg



⑦今折った布をまた上から下へ半分に折ります。
a0226116_17285483.jpg


◎折ったところ
a0226116_17295612.jpg



⑧ここで下の布を上に合わせて折り上げます。
 
a0226116_17303067.jpg


◎折ったところ
a0226116_17381594.jpg


注)なんでこんな折り方にするかと言うと、首に当たる面をちょうど布2枚分の厚みにしたいからです。
  どんな布でも何回も折るとさすがに厚みが出て保冷剤の効果が届きにくくなりますね。
 首に当たる分が薄手の綿素材2枚分だと冷たすぎず丁度良いかなと思います。

◎このようになります(下が内側・首に当たる側になります)
a0226116_17323132.jpg



⑨重ねた布を半分にして、印を付けます。
a0226116_1733776.jpg


⑩保冷剤のサイズに合わせて中心から計り、線を引きます。
 (ウチのは横が8.5cmでしたので、取り出しやすいように9cmにしました。
 中心から4.5cmずつのところに線を引きました)
a0226116_17334647.jpg


◎保冷剤を置いてみます。
a0226116_17351270.jpg



⑪ミシンで2本直線縫いをします。
 
a0226116_17354561.jpg


◎保冷剤を入れてみます。
a0226116_17383944.jpg


◎上から見るとこんな感じです。
 (入れた側を上にして着けてもらうとあまり落ちる心配もないかと思いますが、
 心配な方は入口にアメリカンホックやマジックテープを付けてもいいかもしれませんね)
a0226116_17391199.jpg



はい、これでもうほぼ出来上がりですよ~( ´艸`)

さぁ、仕上げまです。
(私は家にタグがあったのでタグで留める形にしましたが、
なければもちろんこのまま前で結ぶのも良し、
マジックテープを縫い付けるも良し、好きなようにアレンジされてくださいね♪)

タグなどを利用してループを作るのもいいですね。
a0226116_17401548.jpg


◎通したところ。
a0226116_17414617.jpg


それでは実際に付けてもらいま~す。

モデル:眠たくてグズグズの2歳児です・笑

a0226116_17423411.jpg
a0226116_17424182.jpg


ね?簡単じゃないですか(*^_^*)?

オークションを通して「ハンドメイドしたいんですが、全然できなくてー」というお話を
結構頂くので、こういうのから始めてみては?と思い、今回レシピ紹介させて頂きました。
好みの布で、必要なものが作れるっていうのはとても気持ちの良いものです♪

お子様が直接肌に付けるものですので、ぜひ素材は綿のものを選ばれるといいですね。
(汗もよく吸いますしね)
今回私は結構しっかりめのwガーゼを使って作りましたが、正直もう少し薄い方がいいかなと
思いました。(気温的に32℃とかなんでそう思うだけかもしれませんが)
予備の保冷剤を持って行って、温くなったら取り替えると効果的ですね。

もちろんママ用も同じ作り方で簡単にできます。
大判ハンカチ、こんな柄のものを使うと襟元が華やいで素敵かも?
(しわしわですみません(^_^;))
a0226116_1823524.jpg


息子は付けてくれない可能性大ですが、車で寝ちゃった時とか、結構熱がこもると思うので、
ちょっと首元に巻くと良いかもしれないなと思っています。
着画もなんか、カウボーイみたいで可愛いでしょ( ´艸`)?


保冷剤入れる所に2か所だけミシンしましたが、左右にもう1本ずつミシンしますと
保冷剤を1度に3つも入れることができます。
超暑い日とか、大人用に首をぐるっと保冷剤で冷やすことも可能ですので、
必要に応じて縫ってみてください。

お家にあるハンカチやバンダナ、余り布を有効活用!
興味のある方は、空き時間にぜひお試しくださいね~♪♪♪
[PR]
by minami-handmade | 2012-08-10 18:18 | 作り方


カテゴリ
全体
はじめまして
子育て
日々のこと
お出かけ
大人服
子供服
小物類
オークション
DIY
作り方
おすすめの物
イベント
その他
プレゼント企画
お問合せ
未分類
お問い合わせ(オーダーなど)
コメント欄より非公開でメールアドレスを教えて頂きますと追って連絡させて頂きます。
お作りできるアイテムもありますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ^^♪

以前の記事
最新の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧